{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

豚肉のQ&A

Qなぜ豚肉は中までよく火を通さないといけない?
A牛肉の場合は、食中毒の原因となる菌が主に食肉の表面に汚染していると評価されており、
表面の加熱によりリスクを低減できます。しかし、豚肉(内臓含む)については内部まで汚染されることがあり、
中心部まで十分に加熱して食べることが食中毒の予防のために重要です。
JAPAN Xは極めて無菌状態の生産方法を取っていますので、ピンク色の状態でも食べられる安心安全な豚肉です。
ただし、生産段階では無菌状態でも、と畜場や食肉市場などで細菌が付着する可能性があります。
生食を推奨するものではありませんので、よく火を通してお召し上がりください。
QJAPAN Xに菌が少ないのはなぜですか?
AJAPAN Xの生産方法では、帝王切開をして取り出したメス豚が一番最初の種豚になっています。
通常豚の場合、オスとメスが自然交配をすると、膣(ちつ)と産道のところに菌が入ります。
その豚が自然分娩すると、人畜共通の病気が子豚に入ってしまいますが、
JAPAN Xでは帝王切開をして取り出したメス豚に、注射器で交配させることにより
自然分娩させても病気の出ない子豚を育てることが出来ています。
Qお肉からドリップ(赤い液体)が出にくくする方法はありますか?
Aドリップは、冷凍していたお肉を解凍する際に、肉の細胞が傷つき水分を保てなくなって出ます。
冷凍室ではなく、チルド室で保存してください。チルド室の温度は約0~3℃ですので、食品が凍り固まることはありません。
また、ドリップの赤い色は肉のタンパク質「ミオグロビン」という色素の色で、血液の色ではありません。
ドリップはキッチンペーパーなどで拭き取とってください。
QJAPAN Xのお肉にドリップは出ますか?
Aお届けした商品にドリップのような液体が見られる場合がありますが、
それらはドリップではなく、鮮度の良い豚肉を一度も冷凍せずにパックしているため生じるものです。
水分を含んだ新鮮なお肉に圧力がかかり、お肉の水分が離水したものになります。
豚肉は牛肉よりも水分が多く、特にモモ肉は水分が多くなっています。
鮮度を求めた一貫製造の都合上どうしても発生するもので、冷解凍された場合のドリップではありません。
「鮮度へのこだわりの証明」ですので、安心してお召し上がりください。
Q豚肉にはビタミンB1が多いというのは本当ですか?
A豚肉は他の食品よりもビタミンB1が群を抜いて多く含まれています。
ビタミンB1が不足していると、疲労物質の乳酸が大量に作られ、筋肉は疲労します。
疲労感を覚えたときは、お酒やご飯のおかずに豚肉はぴったりです。
1日に必要なビタミンB1を摂取するには豚肉で120gと言われています。