こんにちは。
先日、素敵なカフェに行ってきました。住宅街にあるのですが、小さな森の中にあるような、広い庭と木々に囲まれたカフェです。
コロナ禍ということもあり、テラス席に案内されました。少し暑かったですが開放感があり、食事もさらにおいしく感じました!

夏と言えば屋外でバーベキューをしたりしたいところですが、なかなかそうもいかないご時世。秋になれば、仙台は「芋煮」のシーズンですが、もしかしたら今年も少人数で楽しむ方が良いかもしれませんね。


さて、今日はおうちで楽しむレシピ! プルドポークについてご紹介したいと思います。
アメリカのバーベキュー料理であるプルドポークを、おうちで作ってみませんか? プルドポークを作って自宅の庭先やベランダ、近場の憩いの場でお手軽アウトドアもおススメ!

プルドポークの歴史にもちょこっと触れながら、簡単レシピをご紹介します!

プルドポークってなに?

プルドポークのプルドは「pulled」。引っ張った、むしったという意味です。
文字通り、豚の塊肉が簡単に細かくほぐれる(pull)ほど低温でじっくり火を通し作る伝統的なバーベキュー料理。
音楽の街テネシー州メンフィスや、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州などが発祥なんだそう。

時間をかけて焼き上げるため、お肉はホロホロに。余分な脂は落ちてサッパリしているのに、旨みたっぷり。家庭によって使うスパイスに違いがあるそうで、まさにおふくろの味!といった料理でしょうか。食べる時はバーベキューソースにつけていただきます。

17世紀頃に発祥したとされるプルドポーク。じっくり焼いた豚の塊肉を、フォークで細かく引き裂いて、そのまま食べたり、パンに挟んで食べます。
地域によっては、パンに挟む以外にもパスタやピザの上にのせて食べたりするそう。

もともとは、黒人労働者が生み出した料理と言われています。
お肉の柔らかくおいしい部位はすべて白人が食べ、固く筋が多い肉が黒人労働者のもとへ配給されていた時代、なんとか固いお肉を美味しく食べるために、様々なスパイスやソースを使って、じっくり低温で調理してできたのがこの料理でした。


バーベキューとグリルの違い

欧米やアメリカでは、プルドポークのような調理法のものをバーベキューと呼ぶそう。私たち日本人がイメージする、網などの上でお肉や野菜を焼くバーベキューとは違いますね。

本来は

薪や炭などで弱火でじっくり焼く・または煙で燻すなどの調理方法を「バーベキュー」

短時間、直火だけで焼く調理方法を「グリル」

と言います。

日本ではバーベキューや焼き肉といえば、各自焼きながら食べるというスタイルですが、アメリカでは、お肉や野菜・魚などをすべて焼いてから、お皿に盛りつけてみんなで食べるのが基本のスタイルなんです。
そう言えば確かにアメリカの映画やドラマのバーベキューシーンって、お父さんが焼いて、家族みんなで席について食べる…なんていうシーンがありますね!

さて、そんなプルドポークは日本でもここ数年で人気になっていて、専門店なども増えてきています。便利なレンジで作る保存食品なども販売されていますよ。

本場のレシピだと、じっくり何時間もかけて作るプルドポークですが、おうちで手軽に作ることもできます!
プルドポークを作って、庭先で・バルコニーでピクニック気分を楽しみませんか?



おうちでも簡単に!プルドポークレシピ

プルドポークを作るには、ブロック肉が最適です
一度作ってしまえば、数日間もつので作り置きおかずの一品にピッタリ。

冷めても美味しいプルドポークを、今日は圧力鍋または炊飯器を使うレシピでご紹介いたします!

材料
・豚肩ロース ブロック肉 500g
・塩 小さじ1
・こしょう 小さじ1
・チリパウダー 小さじ2

・バーベキューソース(市販のもの)適量

お好みで、クミンやオレガノ・ガーリックパウダーなどスパイス類を追加で取り入れれば、あなただけのレシピになりますよ!

圧力鍋でプルドポーク

ガスコンロ対応の圧力鍋を使ったレシピです。

  1. 豚肉を3分割に切って、塩コショウ、チリパウダーを表面になじませ30分ほど置きます。

  2. フライパンで豚肉に軽く焼き目がつくまで焼きます。

  3. 圧力鍋に豚肉を入れます。豚肉がひたひたになるくらいまで水を加え、フタをして30分加圧します。

  4. 加圧後お肉を取り出し、フォークなどで細かくほぐします。ほぐしたお肉を鍋に戻し、中火で水分を飛ばしていきます。

  5. 水分が少なくなってきたら、バーベキューソースを加え弱火で煮詰めて出来上がりです。バーベキューソースは少しずつ味を見ながら加えてくださいね。

炊飯器でプルドポーク

圧力鍋がなくても、炊飯器で作れますよ!

  1. 豚肉を3分割に切って、塩コショウ、チリパウダーを表面になじませ30分ほど置きます。

  2. フライパンで豚肉に軽く焼き目がつくまで焼きます。

  3. 豚肉を炊飯器に入れ、ひたひたになるくらいの水を加えて、炊飯ボタンを押します。

  4. 炊き上がったら豚肉を取り出し、フォークなどでほぐしバーベキューソースを絡めて出来上がりです。
    残った煮汁とほぐしたお肉を鍋にうつして、圧力鍋レシピ➄同様に煮詰めても良いですよ。

※炊飯器の場合、水分が残っていると、まだ炊き上がっていないと判断し保温に切り替わらない機種もあります。
途中で開けてみて、お肉に火が通っていれば炊飯を止めてOKです。




おススメ!バーベキューソースと肩ロースブロック肉

▼▼【アメリカ生まれの日本の味!】知る人ぞ知るヨシダソース BBQ▼▼

▼▼ケチャップやパスタソースでおなじみのハインツのBBQソース▼▼

▼▼やっぱりブルドック!ブルドックソース 甘辛マスタードBBQたれ▼▼

▼▼お肉の部位は、肩ロースが一押しです!▼▼

臭みがない豚肉で、美味しいプルドポークを作ろう!
JAPAN X 肩ロース 500gはこちら


いかがでしたでしょうか。意外と簡単に作れる!?プルドポーク。
パンも良いですが、ご飯や麺料理にトッピングしても良さそうな感じですね。
使用するスパイスを色々試したり、バーベキューソースも手作りしても楽しいですよ。
秋の夜長に作るのも良さそう! ぜひ参考になさってください♪